転職の際に考える点

転職の際はまず、履歴書から重要なポイントを知って書いていきましょう。「御社では私はこのようなことで貢献が可能です」といった自分を売っていく履歴書の作成をします。履歴書一つで印象が変わります。患者さんと関わる薬剤師は印象も大切です。また、履歴書等による書類選考で落ちたらもうそこで終わりです。そのため、誤字脱字も無く丁寧に履歴書に書けるだけ自身のアピールポイントを書き、次の面接につなげられるようにしましょう。証明写真は身だしなみに気を使って落ち着いて写真を撮ります。証明写真から仕事にかける思いなども伝わると言われているのです。また、医療業界では誠実な人が採用されやすい職場ですので個性的な履歴書などは避けましょう。

面接でも書類と同じように自身が優れた薬剤師であることを十分にアピールしましょう。自身のモットーや周囲との協調性があること等、薬剤師として活躍できる一面を探して面接で話せるようにします。一般的なマナーも協調性も何もない方はいくら薬剤師としての仕事ができても転職は難しいです。今一度礼儀やマナーを知って面接に挑みましょう。

また、面接では転職する理由を聞かれた際に前の職場の悪口を言うのは控えるのがポイントです。悪口をいうとかえって悪影響になってしまいます。悪口ではなく転職先を決めた理由を含むなど工夫をして前向きな表現にしていきます。

 

Pocket